科学研究費助成事業 基盤研究(B)「人の知的活動を支援する環境デザインの研究」

現在、日本の人口減少社会において持続可能な経済発展を実現するための手段として、知的生産性の向上が求められている。特に知識社会への対応が不可欠である今日、オフィスや学習環境において、人の知的活動の向上は重要なテーマである。本研究は、個人の知的活動のなかでも特に「情報処理」および「知識創造」の知的活動において、どのような物的環境デザインが個人の知的活動を活性化させるのか、特に物的環境を構成する色彩及び空間の大きさ、形態、開口部などに着目し、研究を行う。成人に加え今後生産人口として期待される高齢者を対象に、従来のアンケート調査やヒヤリング調査に加えて脳活動を計測する脳活動計測手法を用いることで、人の脳活動の実態をより詳細に考察・分析し、人の知的活動を活性化する物的環境デザインの要素を具体的に明らかにすることを目的とする。

現在までの主な研究成果は、以下の通りである。

○論文(査読付)

一志哲夫, 渡邊朗子, 馬場哲平「ブース空間における色彩が情報処理活動に与える影響―高齢者を対象とした個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究―」日本オフィス学会誌, Vol.9 No.1, 2017年4月 pp.18-25

一志哲夫,渡邊朗子,小幡亜希子,碓井晋平「ブース空間おける色彩が情報処理活動に与える影響-個人の知的活動を支援する物的環境デザインに関する研究 1-」日本建築学会計画系論文集 2016年2月号, 第81巻 第720号, pp.293-301, 2016.2

○国際論文発表

Teppei Baba, Akiko Watanabe "A Study on the environmental design which supports an individual intellectual activity - The influence which the size and the color environment in the booth space has on an intellectual work” The 11th ISAIA (International Symposium Archtectual Interchanges in Asia), pp300-303, 2016.9, Sendai, Japan

○シンポジウム論文

馬場哲平、渡邊朗子 「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究~ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響~」日本建築学会第39回情報システム利用技術シンポジウム論文集(報告), 日本建築学, P.129-132, 2016.12 伊藤和奨,渡邊朗子「グループの知的活動を支援する環境デザインに関する研究~色彩環境がコミュニケーション能力に及ぼす影響~」日本建築学会第39回情報システム利用技術シンポジウム論文集(報告),日本建築学会、p.125-128,2016.12

馬場哲平、渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究-ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響-」日本建築学会、第38回 情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集(報告)、p.189-p.192,2015,12

一志哲夫, 渡邊朗子,小幡亜希子,碓井晋平「ブース空間の色彩が情報処理の知的活動に与える影響」日本建築学会第37回情報システム利用技術シンポジウム論文集(報告), 日本建築学会、p247-250, 2014.12

○学会発表

森山裕貴,渡邊朗子「協同作業による知的活動を支援する環境デザインの研究 色彩と協同作業におけるコミュニケーションに着目」日本建築学会大会学術講演梗概集2016年, E-1分冊,p.329-330, 2016.8.

馬場哲平,渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究 ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響」日本建築学会大会学術講演梗概集2016年, E-1分冊,p.587-588, 2016.8.

一志哲夫,渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究―高齢者を対象とした検証実験の報告-」日本インテリア学会 第27回大会研究発表梗概集2015年,p.71-72, 2015.10

馬場哲平,渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインの研究―ブース空間における大きさと色彩環境が知的活動に与える影響-」日本インテリア学会 第27回大会研究発表梗概集2015年,p.73-74, 2015.10

○論文(査読付)

一志哲夫, 渡邊朗子, 馬場哲平「ブース空間における色彩が情報処理活動に与える影響―高齢者を対象とした個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究―」日本オフィス学会誌, Vol.9 No.1, 2017年4月 pp.18-25

一志哲夫,渡邊朗子,小幡亜希子,碓井晋平「ブース空間おける色彩が情報処理活動に与える影響-個人の知的活動を支援する物的環境デザインに関する研究 1-」日本建築学会計画系論文集 2016年2月号, 第81巻 第720号, pp.293-301, 2016.2

○国際論文発表

Teppei Baba, Akiko Watanabe "A Study on the environmental design which supports an individual intellectual activity - The influence which the size and the color environment in the booth space has on an intellectual work” The 11th ISAIA (International Symposium Archtectual Interchanges in Asia), pp300-303, 2016.9, Sendai, Japan

○シンポジウム論文

馬場哲平、渡邊朗子 「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究~ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響~」日本建築学会第39回情報システム利用技術シンポジウム論文集(報告), 日本建築学, P.129-132, 2016.12

伊藤和奨,渡邊朗子「グループの知的活動を支援する環境デザインに関する研究~色彩環境がコミュニケーション能力に及ぼす影響~」日本建築学会第39回情報システム利用技術シンポジウム論文集(報告),日本建築学会、p.125-128,2016.12

馬場哲平、渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究-ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響-」日本建築学会、第38回 情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集(報告)、p.189-p.192,2015,12

一志哲夫, 渡邊朗子,小幡亜希子,碓井晋平「ブース空間の色彩が情報処理の知的活動に与える影響」日本建築学会第37回情報システム利用技術シンポジウム論文集(報告), 日本建築学会、p247-250, 2014.12

○学会発表

森山裕貴,渡邊朗子「協同作業による知的活動を支援する環境デザインの研究 色彩と協同作業におけるコミュニケーションに着目」日本建築学会大会学術講演梗概集2016年, E-1分冊,p.329-330, 2016.8.

馬場哲平,渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究 ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響」日本建築学会大会学術講演梗概集2016年, E-1分冊,p.587-588, 2016.8.

一志哲夫,渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究―高齢者を対象とした検証実験の報告-」日本インテリア学会 第27回大会研究発表梗概集2015年,p.71-72, 2015.10

馬場哲平,渡邊朗子「個人の知的活動を支援する環境デザインの研究―ブース空間における大きさと色彩環境が知的活動に与える影響-」日本インテリア学会 第27回大会研究発表梗概集2015年,p.73-74, 2015.10